核燃料サイクルの要となる日本原燃・六ケ所再処理工場の審査合格と完工延期を受け、三村申吾知事がサイクル政策に関する国の取り組みを確認、要請する「核燃料サイクル協議会」が21日、首相官邸で開かれた。加藤勝信官房長官は、「国、事業者が最大限の努力を払うことが重要と考えている。地元の声に配慮しつつサイクル政策を進める」とし、政策堅持を明言した。課題となっているプルトニウム利用については、大手電力会社でつくる電気事業連合会の池辺和弘会長が「早期に利用計画を示す」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から