津軽令和大橋で行われた開通式典

 青森県中泊町中里とつがる市車力町を結ぶ県道バイパス「五所川原車力線」(全長5.5キロ)が20日、開通した。岩木川で隔てられた両地区がバイパスの一部をなす「津軽令和大橋」(全長約600メートル)を経て直線的につながることで、医療、福祉、観光施設などへの移動時間が短縮され、住民交流の促進が期待される。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から