水入りの消火器を使い的を狙う外国人参加者
過去に発生した大地震の揺れを再現できる起震車では、外国人が揺れのすさまじさを体験した

 日本滞在中に災害に見舞われた際、命を守るすべを身に付けてもらおうと、青森県八戸市で19日、市内在住の外国人を対象とした防災教室が開かれた。米国、豪州、独、タイなど10カ国の約70人が参加。前日に大阪府北部で大きな地震が発生したこともあり、参加者は初期消火などの大事な災害対応を真剣な表情で学んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)