ずらりと並んだ奥内・後潟地区12町会の権現様と持ち寄った町会関係者

 青森市北部市民センター(工藤浩二館長)に19日、同市奥内・後潟地区の12町会から、どれも個性的な権現様(獅子頭)16体が集まった。権現様を取り上げた講演会に合わせ、同センターが各町会に呼び掛けたところ、13町会のうち1町会を除いて関係者がそれぞれの権現様を持ち寄った。講演会の参加者は地域で受け継がれる権現様をカメラに収め、民間信仰の歴史を学んだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から