八戸税関支署は20日、管内(八戸港、むつ小川原港、岩手・久慈港)の5月の貿易概況(速報値)を発表した。実績があったのは八戸港と久慈港で、輸出入を合わせた貿易額は前年同月比160%増の646億8300万円に上り、同支署管内で過去最高となった。前年ゼロだった航空機類の輸入が、米国からあったことが大きく影響した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)