改装が進むジオラマ、中央は中村会長
向山駅ミュージアムの館内。さまざまな展示品が並ぶ

 青森県おいらせ町の青い森鉄道・向山駅駅舎内にあり、新型コロナウイルス予防のため休館していた「向山駅ミュージアム」が今月4日、約7カ月ぶりに一般公開を再開した。運営する地域おこし団体「向山駅愛好会」は休館を逆手に取り、目玉展示品のジオラマの改装に着手していた。「よみがえれ」という願いを込めた製作途上のジオラマが、住民や鉄道ファンを夢中にさせている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。