村民の署名を募る長福寺関係者(左)

 青森県佐井村の古佐井山に小型風力発電機(19.8キロワット)3機の建設計画が進められているのに対し、地元住民らは18日、予定地の見直しを求めて署名活動を始めた。予定地近くにある長福寺の吉田眞一住職が中心となって村内全域に経緯を周知し、署名への協力を呼び掛ける。署名は国や県、村、事業者に提出する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。