校歌の楽譜を幸山室長(左)に手渡す吉さん

 青森県五所川原市(旧金木町)出身の歌手・吉幾三さんが来年4月に開校する五所川原工科高校の校歌を作詞作曲し17日、校歌の音源と楽譜を学校関係者に贈った。津軽の四季を感じられる歌詞が特徴的で、「おおらかな気持ちで歌ってほしい」という吉さんの思いが込められている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。