【八戸西-花巻東】2回裏、左犠飛で2点目を奪われ、うつむく八戸西の主戦福島(左)。右は捕手・藤本=石巻市民球場

 第73回秋季東北地区高校野球大会は第3日の17日、宮城県で準々決勝4試合を行った。2回戦で初勝利し、青森県勢で唯一8強入りした八戸西(第2代表)が花巻東(岩手第3代表)と対戦。エース福島が8回2失点と力投したもの、打線が3安打と相手投手を打ち崩せず1-2で敗れ、4強入りを逃した。来年春の選抜高校野球大会(センバツ)の東北代表枠は2枠あるが、東北代表としての県勢の出場は厳しくなった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から