こけし工人(右)との会話を楽しみながら作品を品定めする来場者

 青森県黒石市の津軽こけし館で17日、全国のこけし工人が作品を展示販売する「全国伝統こけし工人フェスティバル」が始まった。新型コロナウイルスの影響で例年より規模は縮小したものの、愛好家たちが工人との会話を楽しみながら、お気に入りの品を買い求めた。18日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から