高さ11メートルの黒滝の前で集合写真に納まる児童たち
森の中を抜けた後、沢を渡って黒滝を目指す児童たち

 青森県蓬田村の蓬田小学校4年生27人が15日、授業の一環で、村西部の山奥にある名所「黒滝」を訪れた。昼休憩を含め往復約3時間、紅葉が進む森や沢伝いに歩いて大自然を満喫。高さ11メートルを誇る迫力の滝に歓声を上げた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から