西目屋村の竹内さんが育てる梓山犬「白神乃桃号」(中央)と9月に生まれた子犬たち

 畑を荒らすサルやクマを追い払う鳥獣害対策犬として定評がある猟犬「梓山犬(あずさやまいぬ)」の血統保存に向けて活動するNPO法人梓山犬血統保存会は15日、青森県西目屋村で東北支部設立総会を開いた。9月に5頭の梓山犬が誕生した同村の農家竹内郁端(ふみただ)さん(45)のもとに支部会員ら約10人が集い、すくすく順調に育つ子犬たちの様子を確認するとともに、血統保存や活躍の場拡大を目指し情報交換した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。