太宰像の前であいさつする長女の津島園子さん

 青森県五所川原市金木町出身の作家太宰治の「生誕109年祭」が19日、地元の芦野公園で開かれた。親族、地元関係者、全国から訪れたファンら約500人が魅力的な作品や人柄をしのび、太宰が残した足跡の大きさを思い起こしていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)