侵入者を知らせる「うぐいす張り」とされる床を歩く佐藤さん

 維持、管理等の問題から最悪、取り壊しの恐れがあった青森県弘前市森町の「忍者屋敷」に、保存活用を前提とした買い手がつき、13日、関係者が会見を開いた。同忍者屋敷は江戸時代後期から、弘前藩の忍者集団「早道之者(はやみちのもの)」が利用していたと考えられ、所有者ら関係者が連携し今後、民泊や忍者ツアーなどを行う観光施設として活用を図る方針。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。