原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定を巡り、北海道寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村が8日、文献調査に応募する意向を示した。高レベル廃棄物が一時的に保管されている青森県六ケ所村の戸田衛村長は、廃棄物の搬出先選定の動きが出てきたことに「寿都町の文献調査決定は大変喜ばしい限り」と歓迎するコメントを発表した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から