青森銀行グループのコンサルティング会社「あおもり創生パートナーズ」の松田英嗣地域デザイン部長は本年度、県内の市町村別に、観光で稼ぐ割合を県平均と比較して位置付ける「観光特化係数」を算出した。県平均を1.00とすると、最高が風間浦村の5.27、最低が六ケ所村の0.11だった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。