せんべい汁

 ご当地グルメの火付け役でもある「せんべい汁」は、八戸市周辺の郷土料理。小麦粉を練って焼いた「南部煎餅」を入れて煮込んだ、醤油(しょうゆ)味ベース(味噌(みそ)や塩味の場合もある)で仕立てた汁物です。せんべい汁用のせんべいは「おつゆせんべい」とも呼ばれ、汁に溶けにくいように硬めに焼いてあるので、せんべい汁に使用するものは汁物用の煮溶けづらいものを選ぶと良いですよ。

(One of the most famous regional dishes from Hachinohe region known as "B-Class Gourmet". It is soup flavored with soy-sauce (or sometimes miso or salt) and cooked with wheat Senbei (crackers). Senbei especially made for the soup are harder than other kinds to avoid melting into soup quickly.)

●せんべい汁(Senbei-Jiru Soup)

材料(Ingredients)

・キャベツ…100グラム

・ゴボウ、ニンジン、長ネギ…各2分の1本

・鶏肉(一口大にカット)…100グラム

・酒…大さじ2

・しょうゆ…大さじ4~5

・サラダ油…大さじ1

・だし汁…1000cc

・せんべい…4、5枚

 

 

・1/2 each burdock, carrot, and leek

・100g chicken (bite-size)

・2 tbs cooking sake

・4-5 tbs soy sauce

・1 tbs vegetable oil

・1000cc dashi stock

・4-5 wheat crackers

作り方(Directions)

1.ちぎる(Tear)

キャベツ、は一口大にちぎります。

(Tear cabbage into bite-size pieces)

 

2.切る(Cut)

ゴボウ、人参はささがき、または斜め切りにします。ネギは斜め切りにします。

(Cut burdock and carrot into thin shavings or cut them diagonally. Also cut leek diagonally. )

3.炒める(Stir-fry)

鍋に、サラダ油を入れて鶏肉と野菜を入れて炒めます。

(Add vegetable oil in a pot and stir-fry chicken and vegetables.)

 

4.煮る(Stew)

出汁、酒をいれて沸騰させます。

(Pour dashi stock and cooking sake. Bring it to a boil.)

 

5.仕上げる(Season)

しょうゆで味を調えて、せんべいを食べやすい大きさに割って加えて、お好みの固さになったら完成です!

(Add soy sauce and crackers broken into bite-size pieces. When crackers are cooked to your favorite consistency, it's ready to eat!)

 

保存食の仲間におススメ/なぎさなおこさん 今回はベーシックな具材にしましたが、だしも鶏でとったり、煮干しでとったり、サバ缶を使ったりと各家庭によってだしや具材が変わってきます。おつゆ煎餅は保存性も高いので、私は豚汁やけんちん汁、すき焼きやお鍋の締めにも使っています。乾物のひとつとして、保存食の仲間におつゆ煎餅はおススメです!

 

初めて目にした時は衝撃/山内さん 青森市で育った私にとって、初めて目にしたせんべい汁は衝撃的でした。その後、煎餅が使われているのは南部地方で江戸時代から続く独自の「麦・蕎麦食文化」がベースにあるのだと知り、とても興味を持ちました。海外からのお客さまにさっと説明ができるように、“This dish was born~”という出だしの説明を、簡単な英語で考えるのも楽しいですね。