イガメンチ

 日本は世界最大のイカの消費国で青森県は漁獲量全国2位。全国一のイカの水揚げ量を誇る八戸港をはじめ青森県内各地で近海物の他、太平洋、南米、ニュージーランドなどで捕獲したイカが一年中水揚げされています。

 イカを処理した際に販売出来ない足(ゲソ)の部分を、美味しく食べる為に作られた家庭料理で、形も小判型、球状、棒状と家庭やお店によってさまざま。主に津軽地域で食べられています。

(Japanese people have the highest consumption of squid in the world, and in fact, Aomori has the second largest catch of squid in Japan. Especially, among all cities and towns, Hachinohe City is known to be the largest fishing ground of squid in the prefecture.

Ikamenchi (fried minced squid) is a home-cooked dish that utilized parts, especially legs of squid that could not be sold in markets. At each home and shop, shapes of the fries are different; some are rounded and some are stick. The dish is often eaten in Tsugaru region of Aomori.)

●イガメンチ(Fried Minced Squid)

 

材料(Ingredients)

・イカ…2杯

・キャベツ…2~3枚

・タマネギ…1/2個

・ニンジン…1/3本

・しょうが…1かけ(すりおろす)

・卵1個

・塩…小さじ2分の1

・薄力粉、片栗粉…各大さじ3

・揚げ油…適量

 

・2 squids

・2-3 leaves of cabbage

・1/3 carrot

・I clove of ginger (grated)

・1 egg

・1/2 tsp of salt

・3 tbsp of soft-flour

・3 tbsp of starch

・Cooking oil

作り方(Directions)

 

1.イカをさばく(Clean)

イカは内臓をとり、足と胴体はみじんぎりにします。フードプロセッサーなどを使うと簡単で便利です。

(Take out guts from squid, and mince their legs and bodies. Easier if use a food-processor.)

2.切る(Mince)

タマネギ、キャベツ、ニンジンも粗めのみじん切りにします。

(Roughly mince onions, cabbage and carrots.)

3.まぜる(Mix)

イカ、野菜、卵、すべての調味料を混ぜ合わせます。お好みでイカの内臓を加えてもコクが出て美味しいです。

(Mix well the squid, veggies, egg and all condiments. If desired, add squid guts for richer flavor.)

 

4.揚げる(Fry)

油を170度くらいの温度まで熱し、スプーンなどでイカメンチを油の中に落としてカラッと揚げます。

(Heat cooking oil to 170℃, and drop a spoonful of minced squid in it. Fry until crispy.)

5.完成(Finish)

お好みで生姜醤油、ケチャップ等につけて食べてもおいしいです。

(If you like, you can dip the fried-squid in ginger & soy sauce mix or ketchup.)

ポイント(Cooking Point)

ひとつ揚げてみたら食べてみて、イカの大きさや水分によって、片栗粉や薄力粉の分量を調整しましょう!

(Why not try a bite after you fry one? Depending on a size of squid, you can adjust amounts of starch and soft flour.)

 

イカの種類も楽しんで!/なぎささん 同じレシピでも、イカのサイズや種類によって食感が変わるのも楽しみのひとつ。イカの種類は世界で約500種、日本近海でも100種以上あるとも言われています。日本で水揚げされるイカの半数以上はスルメイカで、春から夏にかけて暖流に乗って北上して来ます。ゲソ(足の部分)やミミ(先端部分)だけを使って作ってもコリコリと歯ごたえがあっておいしいですよ!

 

日本以外でも食材に活用/山内さん イカのようなシーフードは、「日本以外では食べられていないのでは?」と思っている方も多いかと思いますが、私自身、アメリカに住んでいる間、よくレストランで前菜=appetizer(アペタイザー)として出されているイカのフライ=calamari(カラマリ)を食べていました。このような「あなたの国では~を食べますか?」という質問は、“Do you eat ~ in your country?”と聞くといいですよ。