にんにく味噌

 生産量日本一を誇るあおもりのスタミナ野菜のにんにくと味噌(みそ)を使った万能調味料です。

 味噌は地方によって作り方や材料が違いますが、青森の味噌は大豆と麹(こうじ)を使った赤っぽい茶色をしていて中辛の米味噌が主流。生姜味噌おでん、味噌田楽、じゃっぱ汁、貝焼き味噌など各地の郷土料理にも欠かせない調味料です。ごはんにのせるだけでも立派なスタミナおかずになりますよ。

(Aomori is proud of its highest production of garlic in Japan. With this recipe, we will make all-purpose garlic paste with miso. Depending on areas in the country, there are different ways to make miso. Mainstream miso in Aomori is traditionally made from soybeans and koji (malted rice). It has been one of the must-have ingredients for various regional dishes. Or, simply put this paste over a bowl of white rice and it will make one complete meal.)

●にんにく味噌(Garlic&Miso Paste)

材料(Ingredients)

・にんにく…2片

・ネギ…15センチ

・しいたけ…2個

・味噌…大さじ4

・みりん…大さじ2

 

・ごま油…大さじ1

 

・2 cloves garlic

・15cm scallion

・2 shiitake mushroom

・4 tbsp miso paste

・2 tbsp mirin

・1 tbsp sesame oil

作り方(Directions)

 

1.すりおろす(Grate)

にんにくは、すりおろします。

(Grate garlic cloves.)

2.切る(Chop)

ネギ、しいたけはみじん切りにします。

(Finely chop scallion and shiitake mushroom.)

 

3.混ぜる(Mix)

味噌と、みりんはよく混ぜ合わせておきます。

(Mix miso and mirin well.)

4.炒める(Saut〓)

フライパンにごま油とにんにくを入れて火にかけます。

 

(Put sesame oil and garlic in a pan and sauté.)

ポイント・必ず冷たいフライパンに、材料をすべて入れてから加熱します!熱い油ににんにくを入れると臭みが残ってしまいます。

(Attention: Make sure to put all ingredients in a pan before turning on a stove! Otherwise, smell of garlic will be too strong.)

※〓はeに記号アキュートアクセント

5.混ぜる(Mix)

にんにくが色づいていい香りがして来たら、ネギ、しいたけを加えて炒めます。

(When you can smell good aroma of cooked garlic, add scallion and shiitake mushroom and sauté more.)

6.仕上げる(Adjust flavor)

ネギとしいたけがしんなりしてきたら、調味料を加えて少し煮詰めたら完成です。

(When scallion and shiitake mushroom are cooked and soft, add condiments and boil down. Turn off the stove and enjoy!)

豆腐やコンニャクにぬって田楽にしたり、おにぎりにぬって焼きおにぎりにしたり、野菜炒めやパスタの味付け、お肉やお魚を焼いたもののソースとして使えます!

(This is mighty garlic miso paste that can be used for a variety of dishes including stir-fried veggies and pasta. Also use it as sauce for meat, fish, tofu and onigiri rice balls!)

 

越冬ニンニク 旨味凝縮/なぎささん 青森県は、全国一位のニンニクの産地。冬を越したニンニクは糖度が増して旨味がぎゅっと凝縮しているので熟成した美味しさが楽しめます。ニンニクの旬は6月で、通常は収穫されたものを1カ月ほど乾燥して出荷されますが、ジューシーでフレッシュな生ニンニクが購入できるのは産地ならではの特権。冬の熟成したニンニクと、旬のニンニクとどちらも楽しんでみてくださいね!

 

ファン多い「黒にんにく」/山内さん ニンニクは世界中で愛されている野菜ですが、今では「黒にんにく=black garlic」にもたくさんのファンがいます。ただ、初めて黒にんにくを目にした人は、それが一体どんな味なのか想像できない場合が多いです。そんな時使えるのが、“It tastes like ~ (~のような味がします)”のフレーズ。私はよく、“It takes like prunes(プルーンのような味ですよ)”と説明していますよ。