ゴール間近のランナーを応援する児童たち
ごみを入れる袋を持って会場を歩く「ゴミいただき隊」

 青森県横浜町の横浜小学校(繁在家康文校長)が今年、町最大のイベント・菜の花フェスティバルに初めて全校児童で参加した。菜の花フェスは昨年から、横浜中学校が全校で奉仕活動をしている。横浜小もそれに加わったことで、まさに町ぐるみのイベントになった。町の将来を担う児童174人は、菜の花マラソンの応援やごみ回収など四つの活動に取り組み、フェスティバルを支えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)