14年ぶり3度目の優勝を果たし、喜ぶ東北福祉大ナイン=神宮

 第67回全日本大学野球選手権最終日は17日、神宮球場で決勝が行われ、東北福祉大(仙台六大学)が国際武道大(千葉)を6−2で破り、14年ぶり3度目の優勝を果たした。国際武道大は昨年に続いて決勝で敗れ、初優勝を逃した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)