【男子グレコローマン60キロ級決勝】清水早伸(手前)を破り優勝した太田忍=駒沢体育館
【女子59キロ級決勝】川井梨紗子(右)と攻め合う熊野ゆづる

 レスリングの世界選手権(10月・ブダペスト)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権最終日は17日、東京・駒沢体育館で男女計6階級が行われ、女子50キロ級は昨年の世界選手権48キロ級覇者の須崎優衣(早大)が制し、7月に昨年の全日本選手権優勝の入江ゆき(自衛隊)と代表を争うプレーオフに臨むことになった。2016年リオデジャネイロ五輪48キロ級女王の登坂絵莉(東新住建)は準決勝で入江に敗れた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)