「招魂之碑」に向かって焼香し手を合わせる斗南會津会の会員ら

 下北地方の斗南藩の末裔(まつえい)らでつくる斗南會津会は16日、青森県むつ市の円通寺で献霊祭を行った。今年は戊辰戦争150周年の節目の年。会員ら約30人が、戊辰戦争の犠牲者を悼む「招魂之碑」に手を合わせ、苦難を乗り越えさまざまな活躍をした先人をしのんだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)