この日だけのヘッドマーク(車体前面左側)を装着したキハ40系車両の前で記念撮影するファンら=16日午前9時すぎ、JR八戸駅

 JRが国鉄だった時代に製造されて八戸線を40年走り続け、今年3月に同線から姿を消したキハ40系車両が16日、1日限定で運行した。出発駅の八戸駅にはチケットを入手した乗客のほか、よみがえった姿を目に焼き付けようと多くのファンが県内外から訪れた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)