【男子フリー125キロ級決勝】山本泰輝(右)を攻める荒木田進謙=駒沢体育館

 レスリングの世界選手権(10月・ブダペスト)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権第2日は15日、東京・駒沢体育館で男女計8階級が行われ、男子フリースタイル79キロ級は2016年リオデジャネイロ五輪74キロ級代表の高谷惣亮(ALSOK)が昨年の全日本選手権に続いて優勝して日本協会の選考基準を満たし、代表入りを果たした。高谷惣は74キロ級時代を含めて5度目の優勝。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)