釜臥山展望台を経て、汗をふきながらゴールを目指す大湊高の生徒たち

 青森県むつ市の大湊高校(下川原堅藏校長)は15日、伝統の「耐久遠足」を行った。1967年に始まり、今年で52回目。1〜3年生538人が24.7キロ踏破に挑戦した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)