弘前実業高の生徒(左)と一緒にリンゴの実すぐりに挑戦

 青森県弘前市の弘前聾学校(大崎光幸校長)は14日、リンゴ栽培交流活動を行い、幼稚部と小学部の子どもたち10人が実すぐり(摘果)作業を体験した。同校は秋に絵入りリンゴとして収穫する予定で、今年11月の創立70周年記念式典で配ることにしている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)