王子ホールディングスは1日、アイスホッケーの強豪「王子イーグルス」を来年4月からクラブチーム化すると発表した。運営会社を設立し、拠点とする北海道苫小牧市を中心とした地域密着型の活動を行い、競技人口増加や人気の復活を目指すという。

 アジア・リーグに所属する王子は1926年に王子製紙苫小牧工場の職員によって同好会として結成。長い歴史を誇り、全日本選手権では最多の優勝37度を記録している。

 アイスホッケーの実業団チームでは99年に古河電工、2001年に雪印、09年に西武がチーム運営から手を引き、19年には日本製紙が経営合理化のため廃部となった。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む