フィギュアスケート男子で2014年にグランプリ(GP)シリーズのNHK杯でGP初制覇を果たした27歳の村上大介(青森山田−青森短大出)が14日、現役引退を表明した。「ユーチューブ」で公開した動画で「次の(北京冬季五輪までの)4年間は難しい。若い選手が育ってきているので、ベテランが活躍するのは難しいと思う」などと理由を説明した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)