【写真左】歌川国芳作「通俗水滸伝豪傑百八人之一個 九紋龍史進 跳澗虎陳達」。9匹の龍の刺青(いれずみ)を入れた九紋龍が、相手を棒で組み伏せている様子が躍動感たっぷりに描かれている【写真右】花和尚と並び2位になった「一丈青」
フォーラムで意見交換する(右から)西崎会長、ヒロ中田さん、吉田町長

 青森県弘前市立博物館が、これまでほとんど行われたことのない、過去40年以上にもわたる大がかりな弘前ねぷたの全台調査結果をまとめた。1974(昭和49)年から昨年までの2885台(74〜82年の小型ねぷたを除く)のうち、最も多く鏡絵に用いられたのは、水滸伝(すいこでん)の代表的ヒーロー「九紋龍」で、上位4位までを水滸伝の登場人物が占めることが分かった。同博物館では現在、水滸伝を描いたことで知られる浮世絵師・歌川国芳の特別展が開かれており、同館は「国芳が弘前ねぷたに与えた影響力があらためて浮き彫りになった」と話している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)