サンマモル社のグループ会社の社員(左)からアドバイスを受け、自宅の畑にブドウの苗木を植える小田桐さん=5月下旬

 青森県むつ市と同市川内町のワイン醸造業・サンマモルワイナリーが2018年度から、市民向けにブドウの苗木を無料で貸し、栽培してもらう取り組みを始めた。収穫したブドウはサンマモル社が買い取り、ワインにする。市とサンマモル社が結んだ協定に基づく事業で、両者は下北ワイン増産や販売促進を通じた地域経済活性化を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)