むつ市が公開した、職員50人分の押印がされた内部文書

 宮下宗一郎むつ市長は1日の定例会見で、市民が市に提出する書類や、市役所内の決裁文書などへの押印を廃止する「ハンコレス化」を進めると発表した。半年程度で押印の必要性や代替手段などを検討し、2021年度から順次、廃止する方針。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。