もち米の苗を植える子どもたち

 北限のゲンジボタルを守るため、青森県横浜町の吹越子ども会育成会(沖津賢一会長)は10日、同町吹越のよこはまホタル村屋外飼育場で、ホタルの幼虫の餌になるカワニナを放流した。田植えも行い、ホタルがたくさん水田を飛び交うように願った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)