前半、FKでゴールを狙う柴崎

 サッカーの国際親善試合、日本−パラグアイは12日、オーストリアのインスブルックで行われ、日本は乾(ベティス)の2得点などで4−2と逆転勝ちした。ワールドカップ(W杯)ロシア大会前最後の強化試合を勝利で飾り、西野監督の3戦目で初白星を手にした。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング61位の日本は同32位でW杯出場を逃した相手に対し、前半に先制点を献上。後半は攻撃陣が奮起し、乾が6分、18分にゴールを奪った。3−2の試合終了間際には香川(ドルトムント)が決めた。対戦成績は日本の3勝4分け2敗。日本代表は13日にロシアのキャンプ地となるカザン入り。19日にW杯1次リーグH組初戦でコロンビア代表と対戦する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)