「臭気選別」で犯人のにおいが付いた布を選ぶシェパード

 青森県警は12日、嘱託警察犬を選ぶ審査会を青森市の県警察学校で開いた。県内各地の48頭が、日頃の訓練の成果を試した。審査に合格した38頭と、実績などから審査を免除された9頭の計47頭が7月から1年間、嘱託警察犬として遭難者捜索や容疑者追跡などの第一線の現場で活躍する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)