小笠原選手(右)のアドバイスを受け、ドリブル突破の練習をする子どもたち

 青森県むつ市は10日、同市のしもきた克雪ドームで、サッカーJ1鹿島アントラーズの選手、コーチらを招いた少年サッカー教室を開いた。下北地方のチームを中心に約200人の小学生が参加し、プロの選手らと一緒にボールを追いかけ、技術を学んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)