東北農政局青森県拠点が30日に発表した2020年産青森県内水稲の作柄概況(15日現在)によると、コメの出来具合を示す作況指数(平年作=100、ふるい目幅1.9ミリベース)は、県全体が104で「やや良」の見通しとなった。もみ中の実の成熟具合を示す「登熟」は「やや不良」とみているものの、生育期間中の好天でもみの全体数は「多い」となり、作況は平年以上が見込まれている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から