弘前市百沢の太田さん(左)の農園を訪れた(右から)サントリーワインインターナショナルの宮下敏社長、桜田宏弘前市長、つがる弘前農協の工藤文明組合長

 青森県弘前市、つがる弘前農協、大手ワインメーカー「サントリーワインインターナショナル」は30日、津軽産ワインブドウの生産拡大に関する協定を締結した。技術指導や栽培適地の選定などで三者が協力し、高品質なワインブドウを安定的に生産できる体制を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から