世界王者を獲得し地元・青森市に凱旋したレパード玉熊に付き添う高橋会長(手前)=1990年8月2日
天守を背に快走を見せる参加者たち

 青森市出身の元WBA世界フライ級王者・レパード玉熊(54)=本名・玉熊幸人=らボクシングの日本人世界王者3人を育て上げた元国際ジム会長の高橋美徳(よしのり)さん(黒石市出身、青森商−法政大出)が5月23日、東京都の自宅で亡くなったことが12日までに分かった。79歳。ボクシングに情熱を注ぎ、ボクシングに打ち込む若者を時に厳しく、愛情深く指導した名伯楽の訃報に、青森県ボクシング関係者から惜しむ声が相次いだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)