糖尿病予防に向けて団結する三村知事(中央)と委員に任命された県職員

 死亡率が青森県は全国ワースト2位の糖尿病の発症予防に向け、県職員自らが旗振り役となって正しい知識を広める「青森県庁糖尿病リテラシー向上委員会」が12日、発足した。庁内公募で選ばれた委員33人は今後、全県的な啓発キャンペーンを展開する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)