頂上の嶽八幡宮を目指し、雪の残る山道を登る参加者

 青森県南地方の山岳信仰のシンボルとして知られる七戸町の八幡岳(標高1022メートル)の山開きが10日に行われ、県内外の信仰者らが無病息災やシーズン期間中の安全を祈願した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)