世界ジュニアスピードスケート選手権の開催が内定した、八戸市の長根公園で整備が進む屋内スケート場=11日

 国際スケート連盟は10日、2021年の世界ジュニアスピードスケート選手権を青森県八戸市で開催することが暫定的に決まったと発表した。今年10月の理事会で正式決定する。同市でスケートの本格的な国際大会が開かれるのは初めてで、19年秋にオープン予定の市立屋内スケート場で行われる最初の世界大会となる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)