道の駅なみおかで、来場者(左)にマンゴーを販売する青森中央学院大学の学生たち

 青森中央学院大学の学生たちが同大学の「国際産直プロジェクト」の一環で、タイから希少品種「マハチャノ・マンゴー」の輸入に携わり、今年も9日から青森県内四つの道の駅で販売を始めた。販売は道の駅しちのへ(七戸町)と同おがわら湖(東北町)は10日まで、道の駅なみおか(青森市)と同とわだ(十和田市)では、10、16、17、23、24日にも行う。ただ、売り切れ次第、期間内でも販売を終了する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)