30日で閉館するし~うらんど海遊館。海水プールでの運動を楽しみにしていた利用者からは惜別の声が上がっている=23日

 青森県五所川原市市浦地区の健康増進施設「し~うらんど海遊館」が30日、20年の歴史に幕を下ろす。海水のプールで運動を楽しめる施設として親しまれてきたが、建物、設備の老朽化や利用者の減少を理由に施設を所有する市が閉館を決めた。高齢者から子どもまで幅広い世代の交流の場でもあっただけに、常連客や地域住民からは閉館を惜しむ声が上がっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。