中日は同点の四回、高橋の3ランで勝ち越し、さらに2死二塁から京田(青森山田−日大出)が適時打を放った。直前の守備で失策を犯していた京田は「ミスを絶対取り返すという気持ちで打席に入った」とほっとした表情だった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)