卓球のワールドツアー、荻村杯ジャパン・オープンは8日、福岡県の北九州市立総合体育館で各種目の本戦がスタートし、東京五輪で採用されることが決まり、今季から同ツアー5大会で実施される混合ダブルスで吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組が4強に進んだ。張本智和(エリートアカデミー)平野美宇(日本生命)組は準々決勝で敗れた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)