鶴岡市で行う空き家の整備事業について講演する阿部氏

 青森県は8日、街の景観について考える「景観フォーラム」を青森市のアウガで開いた。基調講演やパネルディスカッションを通じ、関係者や市民ら約100人が街並みやにぎわいづくり、空き家対策といった景観について理解を深めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)