八戸酒造初の高級酒「ハッセンブラージュ」をPRする(左から)駒井秀介専務、駒井庄三郎社長、駒井伸介常務

 八戸酒造(青森県八戸市、駒井庄三郎社長)は28日、同社初の高級酒「Hassenblage~ハッセンブラージュ~」のお披露目会を、同社煉瓦(れんが)ホールで開いた。県南地域の同社契約農家が栽培した酒造好適米「華想い」「吟烏帽子(ぎんえぼし)」、食用米の「レイメイ」「まっしぐら」の4種類をそれぞれ仕込み、調合した日本酒で、華やかな香りと甘み、ドライな後味が特徴。千本限定で、10月1日の「日本酒の日」に県内や首都圏で販売を開始する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から