関西電力が使用済み核燃料の搬入・一時保管を目的に、青森県むつ市の中間貯蔵施設を運営するリサイクル燃料貯蔵(RFS)へ出資する方向で最終調整しているとの報道を受け、むつ市の鎌田光治副市長が7日、県庁で佐々木郁夫副知事と面会し、県の認識をただした。佐々木副知事は「むつ市と同じく、報道の内容を承知しておらず、驚いた」と述べた上で、原子力事業は地元との信頼関係の下で進めていくことが重要だ−との考えを示し、むつ市と協力しながら対応する姿勢を強調した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)