盛さん(手前から2人目)から自転車の物価調査の方法について学ぶ研修員

 国連アジア太平洋統計研修所(千葉市)は6、7の両日、青森市内で、アジア太平洋地域を中心とした開発途上国で統計業務に携わる政府職員を対象とした研修を行った。ガーナ、バングラデシュなどから来た18人の研修員が県統計分析課の執務室で仕事の仕方を学んだり、大型商業施設で小売物価統計調査の方法を見学したりして、統計に関する知識を高めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)